アイピル 彼

私が苦しんでいる時に彼は一人で外食に行きました(30代/女性)

アフターピルを服用したのは大学生の時のことでした。当時付き合っていた彼と行為中にコンドームが破れてしまいその対処としてアフターピル、ノルレボを服用しました。当時はアフターピルの知識などなく、破れてしまった後、妊娠するわけにはいかないと、藁にもすがる思いで大学の健康管理センターにかけこみアフターピルの存在を教えていただき産婦人科を紹介してもらいました。

 

産婦人科で最終月経日を聞かれ答えると、十分妊娠する可能性があると言われ、ノルレボを処方していただきました。値段は13000円程度だったと思います。2錠服用するように指示され、服用後すぐに吐いてしまうと効果がなくなると言われました。これで妊娠が避けられると安心したのを覚えています。また、時間が経過してから服用しても効果はないとのことだったので知識がなかったものの早く行動してよかったです。

 

彼のアパートに帰ってから、薬を服用しました。数時間後にはものすごい吐き気におそわれ何度も嘔吐し、食事もろくにとることができませんでした。私が苦しんでいるときに彼氏はごはんを食べに行ってくるねと言って一人で外食に行ったことは今でも忘れられません。

 

こういうことで被害にあったり、苦しんだりするのはやはり女性なのです。男性には女性の不安や副作用の苦しみなど、わからないのだと思います。ひどい吐き気と嘔吐は一日中続き、その間はグレープフルーツジュースを炭酸水で割ったものを飲んで気分を紛らわしていました。

 

翌日には体調も元に戻っていました。薬の服用後、安堵はしていましたが生理が来るまでは安心しきることはできませんでした。ありがたいことに生理はきちんときましたが、この薬は人生で2回しか服用することはできないきつい薬だと医者から言われたこともあり、もう二度とこのような不安な思いはしたくないと思いました。

 

そこで今回のような事態を避けるために低容量ピルを服用することを選び、以後数年間ピルを服用し続けました。ピルを辞めた後、きちんと妊娠出産をすることができたので、この選択をしてよかったと思います。アフターピルは確かに緊急的に避妊をする効果がありますが体への負担は大きいのであくまでも緊急手段としての認識が必要であり、なんらかの事情で避妊が必要になった人のためにもっと情報があればよいのにと感じます。

 

<コメント>
多分、これで彼氏とは別れたと思います。
彼を責めるのは当然としても、その一方で自衛の手段は考えないといけませんね。
アフターピルを使った後、低用量ピルを飲み始める人は少なくないようです。
なお、現在ではノルレボは1錠で大丈夫です。