アイピル 男性

男性へ。安易にピル飲めばいいじゃん、って言うな(20代/女性)

私には現在5年交際しているパートナーが居ます。今から2年ほど前の話です。彼と付き合う前から子宮内膜症である事、生理通が重過ぎて仕事を休む事が多々あったことから低用量ピルを服用していました。治療と避妊どちらもできることから服用していましたが、理由あって服用を中止しました。

 

中止してからはコンドームを使用し避妊をしていましたが、コンドーム着用時爪で傷をつけてしまったのか、穴が開き避妊に失敗してしまいました。彼を見ると、「ヤバイ…どうしよう」と顔に書いてあるような表情でした。致すこと致しておいてその顔はないんじゃないかなぁ…と思いましたが、今思えばこの件が彼に「性行為」とは。「妊娠」とは。このことを改めて考えてもらえるいい機会になりました。

 

「緊急避妊薬は72時間以内に服用しなければならない」そして「避妊成功率は100%ではない事」もし失敗したらすぐ病院へ行く。低用量ピルを中止する際、先生から言われていた通り次の日すぐ病院へ行きました。
先生に事情を話し、すぐ薬を処方してもらえました。私が処方されたのはノルレボ錠という副作用の少ない薬でした。
その病院では看護師さんの目の前でその薬を飲みました。通常の診療だと、先生の診察の後会計をして、処方箋を持って調剤薬局へ行っていたのに、どうしてだろう?と思い聞いてみたところ「そもそも避妊失敗していないのに、緊急避妊薬を受け取って他人に売る人が居るから」という事でした。その発想は無かったので驚きました。

 

出血したらまた来てくださいと言われその日はおしまい。お会計の際、緊急避妊薬は保険適用ならない事を知りました。全額自己負担です。かかりつけの病院だったので診察と処方で15,000円ほどでした。うーん…高いですね!失敗したのが悪いので、仕方ないですが。ここまで読んで「あ、飲めばいいだけなんだ!」と思われた方も居ると思います。が、そんなうまい話があるわけないんですよね。これはあくまでも失敗してしまったときの対処法です。

 

ここから服用した後の話になりますが、ノルレボ錠は副作用が少ない薬です。が、服用後副作用による頭痛と吐き気で半日ほど大人しくしていました。吐いてしまうと効果がなくなってしまうので、吐き気が治まるまでじっとしていました。そもそも、女性ホルモンを体内に入れて生理を起こさせる薬なのでまったく負担がかからないわけではないんですよね。先生から診察の際に「人によっては、緊急避妊薬服用して亡くなったりする事もあるからね」と言われました。その後この話を彼にしたところ「性行為ってどういう事なのか」「避妊失敗で女性が負うリスクについて」真剣に考えてくれました。安易にピル飲めばいいじゃん!という男性に、特に考えて欲しいなと思います。

 

私が低容量ピルを中止した理由について。低用量ピルは毎日飲む事で生理周期を整え、PMSや生理痛を軽減することができます。正しく使えばほぼ100%避妊できます。凄いですよね!ですが服用できない人も居ます。「たばこを吸う人」、「糖尿病の人」、色々ありますが私は「古典的偏頭痛」の為服用を中止しました。前兆のある偏頭痛です。頭痛の前に光るギザギザした物が見える、視野の一部が一時的に見えなくなる。という症状のある人は脳梗塞の危険があることから低用量ピルは服用できません。服用できる方でも血栓症のリスク、子宮頸がん、乳がんのリスクが上がることから定期的に検査が必要です。

 

避妊に失敗した!どうしよう!!と、慌てる必要はありません。きちんと対処した後でよい機会だと思い性行為と避妊方法について考えてみてください。

 

 

<コメント>
実際、アイピルの購入者は男性も多いようです。男性はアイピルで簡単に避妊できると考えているかもしれませんが、実際は副作用もありますし、何度も使用すると妊娠しにくくなったりと、女性の体を確実に傷つけます。
もしものために、購入しておくのはいいですが、安易に使うべきものではありません。
男性もアイピルを使用すればどうなるのか、よく知っておくべきだと思います。

 

→アイピルの詳細・口コミを見る