アイピル 通販 安い

アフターピル「アイピル」の最安値は?

アフターピル(緊急避妊ピル)は病院で処方されると診察代と薬代で合わせて1万5千円から2万円ぐらいします。

アフターピルが必要な状況というのは、お金のことを言っている場合ではないと思いますが、それにしても大きな出費と言えます。

 

今、日本で最も多く処方されるアフターピルは「ノルレボ」ですが、そのジェネリック薬である「アイピル」なら、その1/10以下の価格で購入できます。

 

通販(個人輸入)で購入するので、残念ながら72時間以内には届きませんが、いざという時のために常備する用にはいいと思います。

 

アイピルですが、人気商品なので多くのお店が取り扱っていますが、かなり値段が違います。

 

ここで大手ショップのアイピルの価格を調査して、比較してみました。

 

アイピル1箱(1錠)の価格

A社:3,180円
B社:1,900円
C社:1,780円
D社:1,350円
オオサカ堂:1,262円

※為替相場の変動により価格は日々変わります。

 

調査の結果、オオサカ堂が最安値でした。
なお、オオサカ堂だけはi-canという妊娠検査薬が無料でついてくるのでお得です。

 

→アイピルの詳細・口コミを見る

 

アフターピルは薬局・ドラッグストアでは購入できません。

アフターピルは薬局で買えません
日本以外の先進国では、アフターピルは薬剤師のいる薬局・ドラッグストアで購入できるそうですが、日本ではまだ認められていません。
病院で処方してもらうか、通販(個人輸入)で購入してもらうしかありません。
なお、Amazonや楽天では販売していません。

 

アフターピルでの避妊が成功する確率

アフターピルは効果の大きな薬ですが、性行為の後、できるだけ早く服用することによって、さらに成功率が上がります。

 

直後から12時間以内:99.5%(避妊成功率)

 

13-24時間以内:97.5%

 

25-36時間以内:98.2%

 

37-48時間以内:77.4%

 

49-60時間以内:96.9%

 

61-72時間以内:95.9%

 

一般的にアフターピルは72時間以内に使用しなくてはならないと言われますが、時間が経てば経つほど成功率は下がるので、なるべくならすぐにも服用するのが望ましいと言えます。
なお、72時間以降も成功率は下がりますが、ある程度アフターピルは有効なので諦めないでください。

 

※25-30歳女性の危険日(排卵日付近)に性行為(中出し)をして妊娠する確率は20-25%

 

産婦人科の休診日に備えて

コンドームが破けたりして、思いがけず中に出てしまった時など、急いで近所の産婦人科へ行こうと思ったら、日曜日で休診。
時間が経てばそれだけ失敗する確率は上がります。
のんびりと月曜日の朝を待っていられるでしょうか?
そんな時のために、できれば自宅にアイピルを常備しておけば、緊急時も安心ですよね。

 

アイピルの口コミ

アイピルは人気商品なので、ネット上の口コミも豊富です。
ここではアイピルの典型的な口コミを集めました。
※表現は一部変更しています

 

●安いけれど効果は間違いありません

 

●まだ使ってませんが家においておけば安心です

 

●保険代わりに持ってます

 

●残念ながら妊娠してしまいました…

 

●副作用がほぼなく、安心して服用できました

 

●よくある吐き気の副作用もなかったです。

 

●少し気持ち悪くなりました

 

●腹痛がありました

 

<コメント>
効果に関しては実感している人が多いですが、残念ながら失敗した人もいるようです。
しかし、実際に使用した人より、お守り代わりに持っているだけの人の方が多いかもしれません。
副作用に関しては、あったとしても軽微であるという口コミがほとんどでした。

 

アイピルを服用するとどうなるか?

排卵日前にアイピルを服用すると、概ね1週間程度で生理のような出血が起こります。これはは「消退出血」と呼ばれ、ホルモン量の変動により子宮内膜が剥がれたことによるものです。
その後、本当の生理が来ます。
排卵日後にアイピルを服用すると、通常の生理予定日付近に生理が始まります。この場合、通常の生理より出血量が多いこともあります。

 

いずれにせよ、次回からの生理は通常に戻ります。

 

しかし、4週間以内に出血がない場合、妊娠している可能性があります。
この場合、妊娠検査薬で妊娠の有無をはっきりさせたほうがいいでしょう。

 

ノルレボ法とヤッペ法

日本ではノルレボ法とヤッペ法という緊急避妊の方法があります。

 

ヤッペ法は今となっては古い方法です。
●時間差でプラノバール錠を2錠ずつ飲まなくてはならない
●副作用が強く、吐き気のため吐いてしまうと追加で服用しなくてはならない
●ノルレボ法に比べて成功率が低い
などのデメリットがあり、現在ではノルレボ法の方が主流です。
ただし、処方額が約5千円程度と安価なことはメリットです。

 

一方、ノルレボ法はヤッペ法と比べ
●服用はノルレボ錠1錠でいい
●副作用が小さい。吐き気もあまりない
●成功率が高い
などのメリットはありますが、処方額が2万円程度と高額になります。

 

なお、アイピルはノルレボのジェネリックで、成分は同じで安価です。
しかし、病院ではアイピルは取り扱ってなくて、通販(個人輸入)でのみ入手可能です。

→アイピルの詳細・口コミを見る

 

アイピル体験談

アイピルを実際に使用した方に話をうかがいました。
服用すると体調の変化は小さくないので、心の準備という意味でも他の人の話は参考になると思います。

 

万一のために常備しておいたアイピルに助けられました(30代/女性)

私はもしものために緊急避妊ピルを買いました。では、緊急避妊ピルの使用体験談を紹介したいと思います。薬の名前はアイピルという薬です。どのように手に入れたかというと、通販で手に入れました。値段は1錠で1,000円くらいだったと思います。

 

何故購入しようかと思ったのかというと、私は子どもが2人いるのですが、これ以上子どもを作る気はなかったので、もしものために購入しました。ですが、ある時夫との行為の最中に避妊具が破れてしまいました。そしてそういうときに限って危険日だったのでこれは絶対にマズイと思い、緊急避妊ピルを使うことにしました。

 

アイピルを使っても100%ではないときいてすごくドキドキしました。とりあえず避妊に失敗してからすぐに飲んだのでまず、避妊に成功すると思うのですが100%ではないと聞くとドキドキしてしまいます。正直次の生理が来るまでは気が気ではなかったです。

 

また、副作用は軽く吐き気がしたくらいで特に何もなかったのですごく安心しました。そして、しばらくしたら生理が来たので心から安心しました。私たちはきちんと避妊具を使ったのですが、何故か破れてしまったのでこういう事もあると思い通販で買ってよかったなと思っています。とりあえず今回一錠飲んでしまったのでまた新たに買いました。これで次にもしも何かあったときは安心できます。

 

緊急避妊ピルは病院でも処方してもらえるのですが、病院では保険がおりないためかなり高い金額を請求するので通販で買って良かったと思います。きちんと避妊をしている人でもこれ以上子どもを作る気がない人は一つは緊急避妊ピルを持っていた方が安全だと思います。

 

このように、私が緊急避妊ピルを使った体験談を紹介しました。万が一のために通販で買ったのですが、まさかすぐに使う事があるなんて思いませんでした。ピルというと副作用が強いというイメージがありますが、私の場合は強い副作用がないのですごく安心しました。副作用は個人差が大きいので使ってみないと分かりません。私は避妊具を失敗してしまった経験から万が一のために一つは常備していた方がいいと思っています。緊急避妊ピルをこれから使いたい人は是非、参考にしてくださいね。

 

 

もしものために購入してて良かったものの…(20代/女性)

3年前、私には会社の先輩に紹介してもらった男性と付き合っていました。付き合ってまだ1か月くらいは私に手を出してくるということはなく、喫茶店や遊園地に連れて行ってくれたりなど、私が好きな所に進んで一緒に行ってくれる優しい人でした。

 

ですが、ある時私達は身体を重ねていた時、挿入している最中に避妊具が中で破れていたのです。しっかり避妊していたはずが、まさかこんな事になるなんてと、頭の中が真っ白になってしまいました。

 

なんとかしなければと思っていた時、以前何かあった時のために購入していた緊急避妊用のピルがあったのを思いだしたのです。それは、アイピルという商品で価格は1350円ほどでした。ネットで購入したのですが、以前私の友人が使っていたことがあり、効果があるから使ったほうがいいよと勧めてくれたのがきっかけです。

 

ピル服用後、何とか避妊をすることができ、妊娠はせずにすむことができました。お互い避妊する時はかなり気を使っていたので、まさかこんな状況になるとは想定外のことだったのです。いつ何があるかわからないので、緊急用のピルを購入しておいて本当によかったと思います。

 

あとは副作用の場合ですが、私の場合、腹痛や吐き気などがありました。正直、ピルは身体とっていい薬ではありません。下手をすれば不妊症になってしまうリスクがあります。なので女性の方は、基本あまり使うことをお勧めしません。ですが、何かあった時の手段としてこのピルは一度は常備しておいたほうがいいと思います。

 

ネットの通販だといろんな種類のものが販売されていますので、お店に行って買う勇気がないという方は、ネット通販を視野に入れてもみてもいいと思います。私が緊急用のピルを使ったのはその人と付き合っていた時だけだったのですが、今はピルを使ってみたのはいい経験になったと思っています。

 

私の会社の後輩で最近彼氏ができたという方がいるのですが、なかなかちゃんと避妊をしてくれない時があるらしく、私その事をよく相談してきます。そういった時にピルの存在もあることや、飲んだ時の副作用のことなどを彼女によく話をします。一番は、相手の男性がしっかり避妊してくれるのが一番ですが、それも難しい時があるので、ピルは必要なものだと思います。

 

 

アイピルは安くて効果的です(20代/女性)

私は以前、不覚にも避妊に失敗してしまった時にアフターピルにお世話になりました。服用したのはアイピルです。この商品は日本で初めて取り扱われるようになったノルレボというアフターピルのジェネリックでお値段はノルレボの約十分の一程、私の購入したタイプだと税込みで千五百円ほどで買えます。

 

アフターピルを購入しようと思ったのはコンドームでの避妊の確率が百パーセントではないと知った時です。ゴムでは防ぎきれないなら女性はどうすれば良いのか?とネットで調べた際にアフターピルの存在と効果を知り、安心を買うつもりで購入しました。私の服用したアイピルはネットのお薬専門の通販サイトで購入したのですが、ノルレボはお医者さんを通して処方してもらうと料金が一万円を超えてしまうので安価に済むこのアイピルはとても助かりました。
多分一番普及しているアフターピルだと思われます。もしも初めてアフターピルを買いたいという女性にもおススメです。安くても効果はお墨付きですし、また飲むのも一錠を一回だけです。

 

私が今回避妊に失敗した経緯はパートナーとの性交の際に相手がコンドームをうっかり爪で小さく傷つけてしまっていたことが原因でした。どうやら早く装着しなくてはと気が急いていたらしく、そのままよく確かめずに行為に及んでしまったとの事でした。行為が終わって引き抜いてみるとゴムに破損が認められ、その状態からおそらく爪で引っかけた小さな穴が行為中に中で広がったのだろうと分かりました。シャワーを浴びる際に確かめてみると明らかに自分の体液ではないヌルつきが膣内に認められたので、これは放って置いたらまずいと自宅に帰ってから常備しておいたアイピルを服用したのです。

 

服用自体は初めてではなかったので効果は信頼しており実際に服用してから一週間ほどで生理の出血が認められ一安心、交際相手も迂闊だったと謝罪してくれました。私も次からはコンドームを装着するときは確認するし手伝うと言いました。

 

ただ何度つかってもやはりアフターピルの副作用は結構辛いものがあります。私の場合は頭痛と倦怠感、吐き気が主な症状です。腹痛もあります。アイピルの副作用は生理痛のとても重い状態に似ていると表現する人もいますし、熱のない風邪のようだという人もいます。ただ通常のピルよりアフターピルは強い避妊効果がある分副作用が重いのでそれは知っておいてください。また吐き気を多くの人が覚えると思いますが、服用してすぐに吐いては駄目です。もし吐いてしまったら飲み直してください。その為にも最初に買うアフターピルの量は一錠だけでない方が良いでしょう。

 

私は性交を行うパートナーがいる女性なら緊急避妊ピル、アフターピルは全員に常備しておいてほしいと思います。避妊の失敗はどんなカップルにでも起こりえる事です。望まない妊娠が女性の心身に与えるダメージに比べたら月に数千円の出費で安心が買えると思えば安いくらいです。

→アイピルの詳細・口コミを見る

 

<姉妹サイト>
トリキュラーはアイピルと同成分の低用量ピルです。
低用量ピルは緊急避妊ピルより副作用が小さいので、どうしても緊急避妊ピルを使いたくなければ普段からトリキュラーを服用しておいたほうが体の負担は小さいです。
トリキュラー21,28通販 最安値はココ!